ようやく設置した無印の長押

おふぁようございま~す。



ようやく・・・ようやくですが、
無印の壁に付けられる家具シリーズの
長押くんを設置いたしました!



買ったのはいつだっけな・・と過去のブログを振り返ってみたところ、
5/29の記事で買ったことを報告していましたので、
1ヶ月以上放置していたことになりますねアハハ~



設置した場所は寝室です。



寝室入口から見た図。





我が家の建具は薄いナチュラル色なのですが、
寝室用のベッド、チェストなどの大きい家具を
ダークブラウンで統一してしまったので、
長押もダークブラウンにしました。


建具のナチュラル色と、無印のナチュラル色が
色合いが違った、というのも理由のひとつ。





DSC_9041.jpg




極小ウォークインクローゼットの扉と
ダークブラウンの色が合っていなくて、
他の家具も薄い色にしたいなぁと思うのですが、

簡単に買い換えられるものではないので・・


いろんな色の木の色を組み合わせても
素敵に見せることができるような、
インテリア上級者になりたいな・・






このたび長押をつけたのは
ちょうどエアコンの下の部分です。




こんな感じになりましたよ~


DSC_9218.jpg

服の一つや二つ、掛けて撮ればよかった・・・。




今長押に掛けているのはIKEAのハンガーですが、
どうもゴロンゴロンして長押との相性が悪い気がしています。

しっくりくるハンガー求む~




この棚、いろんなブロガーさんが
簡単に設置できるので~ということで
家のあちこちに設置してらっしゃるので、

私にも簡単にできると思いこんでいました。


が、実際にやってみるとこれがなかなか難しくって。
専用ピンを壁に押し込もうとしても
全然入っていかないのです
(壁がコンクリだった、というわけではないです)



結局、夫にやってもらいました。



情けないです・・・・





あ、ところで。

長押にはハンガーを掛けるので
雑貨をたくさん飾るのは難しいのですが、

何もないのは味気ないと思い、
小動物をひとつ、配置いたしました。




DSC_9219.jpg





下りておいで~~






DSC_9221.jpg





えっと、これは、

リス・・・なのかしら?
それともネズミかな?


動物園のお土産コーナーで、息子にどれがいい?と聞いたら
これを指定してきました。

マグネットなのですが、
なんともフサフサしてかわいいのです
なかなかのセンス!(←親バカ)



寝室の癒しキャラです








いつも応援ありがとうございます。
とっても更新の励みになっています。
お帰りの際、1クリック頂戴できると嬉しいです↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログへ

  にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ    にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

  いつもありがとうございます。
関連記事
2012-07-08 : 寝室 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

そうそう、これ設置するの意外と難しいよね!
我が家でもトイレに設置したけれど、最初自分でやろうとしたらピンが入って行かず、結局夫にやってもらった・・・(全く同じだ)。コツがあるのかなぁ。
なかなか便利品だけど、もうちょっと色のバリエーションがあるといいよね~。
2012-07-08 17:01 : coyagi URL : 編集
>coyagiさん
なんだ、私だけじゃなかったのね、安心した。
固くって全然入らなかったよ~ 
一般的に、みなさん自分で設置されてるのかしら。すごいと思う。

たしかにもっと色味のバリエーションが欲しいね~!
2012-07-09 05:12 : オニグラっこ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

korie

Author:korie
3LDKマンションに4人暮らし。”じぶんらしい暮らし”を求めて、インテリアや整理収納について試行錯誤する過程をのんびりつづっていきます。
インテリア好きの趣味が高じて、2013年度インテリアコーディネーター資格試験に合格しました。
*2014/8月 ハンドルネーム変更しました。(旧:オニグラっこ)
*Instagram始めました。ユーザーネームはkorieslifeです。お気軽にフォローして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。 ↓をクリックで応援よろしくお願いします。

カウンター

過去記事

etc.

検索フォーム

わたしのお気に入り

























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ利用上のお願い

本ブログで掲載する内容についてはできるだけ正確な情報となるように努力をしておりますが、情報の正確性について保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。