壁ペイントの色選びと道具類

寝室の壁に色を塗った話の続きです。


 前回記事はこちら
 ・寝室の壁をペイントするに至った経緯


モニターに当選したので、色を選んで欲しいということでサンプルが送られてきました。





今回、塗料はベンジャミンムーアのものを使用しました。






モニター応募時に、あらかじめ「グレイ系」と指定していたので、グレイ系の20種類のサンプルがきました。


上の写真を見てもわかるとおり、サンプルはとっても小さいです。
これで、壁全体に塗ったときの姿を想像するというのはかなり厳しいものがあります。

しかも、サンプルと壁に塗ったのとでは面積が大きく異なるので、同じ色には見えないとのこと。
明るい色は広い面に塗るとより明るくなり、暗い色は暗くなる・・・「色の面積効果」ですね。


ベンジャミンムーアのHPに、シミュレーションできるサービスがあったりもしますが、部屋の様々な環境(照明とか壁の広さとか)を完璧に反映できるわけではないので、結局のところ厳密な色味は塗ってみなけりゃわからないということなんだと思います。



今回、寝室は落ち着いた感じの色にしたいというのと、薄すぎて塗ったかどうかわからないということになると嫌だなあと思ったため、whale greyという色を選びました。





写真では、一番左の一番上にあるサンプルがwhale greyです。
20色の中ではかなり濃い(暗め)な色になります。


写真を撮った部屋の照明がオレンジっぽいためか、上のペンキのリンク画像とは違って見えると思います。
そもそもリンク画像の色も、塗料の色と全く同じというわけではないだろうし、
モニターによっても色が変わるし。


いやー、色選びって、本当に難しいです!



モニター企画会社に選んだ色をメールして色確定。
後日、ペイント道具一式が送られてきました。


その段階で気づいたのが、サンプルを見比べるときはちゃんとペイントをする部屋(寝室)に行ってやるべきだったということ。

今回、寝室で娘が寝ている間にサンプル選びをしていたので、リビングのPCデスクのデスクライトのもとで選んでしまったのです。
寝室の照明とはだいぶ色が違うような・・・・

まーどうせ色味は塗ってみなけりゃわかんないし、まいっか。ということになりましたけど!



さて、道具一式についてですが、バケツもあるので大きいのかな?と思っていましたがけっこうコンパクトでした。

DIY系って、道具類がかさばって場所をとるというのが心配でしたが、ペイントに関しては意外と場所を取らないかも。
もちろん、ペンキの種類が増えればそれなりに場所をとりそうですが。


使った道具類(ペンキ以外)はこちら。
※ペイントキットと壁紙キットで重複している道具がありますが、それは1つにマージされてました。

  



ホームセンターなどで自分で道具を一から揃えるのは大変ですが、セットになっているとすぐに作業ができるのでいいですね!




道具が揃ったので、昨年12月のある週末に壁紙を貼る作業を行いました。

次回はそのときの話を書こうと思っています^^


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  上のアイコンをクリックいただけると、当ブログにポイントが入りランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^
関連記事
2016-01-15 : 寝室 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

korie

Author:korie
3LDKマンションに4人暮らし。”じぶんらしい暮らし”を求めて、インテリアや整理収納について試行錯誤する過程をのんびりつづっていきます。
インテリア好きの趣味が高じて、2013年度インテリアコーディネーター資格試験に合格しました。
*2014/8月 ハンドルネーム変更しました。(旧:オニグラっこ)
*Instagram始めました。ユーザーネームはkorieslifeです。お気軽にフォローして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。 ↓をクリックで応援よろしくお願いします。

カウンター

過去記事

etc.

検索フォーム

わたしのお気に入り

























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ利用上のお願い

本ブログで掲載する内容についてはできるだけ正確な情報となるように努力をしておりますが、情報の正確性について保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。