無印のスタッキングシェルフを設置

無印良品週間で買った棚をダイニングに設置しました!

買った棚:
 ・スタッキングシェルフ・2段・オーク
 ・スタッキングチェスト・引出し・4段/オーク



設置前はこんな感じ。





カウンター下のスペースに、

・処理待ちの書類、ちらし
・カタログ
・よく読む本
・吸引機(子供達の鼻水用・・)

などが雑然と置かれておりました。

特になんとかしたかったのが、書類・ちらしの類です。

A4サイズの箱1つに無造作に放り込んでいたので、

下の方に未処理の書類が沈んでいたりして、

なんともスリリングな状態でした。



まずは棚の組立て。

なんでかわからないけど、完成品が届くと思い込んでいたわたし。

平べったい段ボールが来て、そうか、組み立てないといけないのか・・!と

軽く凹みましたが、

組立はいたって簡単でした!



部品はこんな感じ。

DSC09251.jpg

6本の金属の棒が横板を貫通する作りなので、

組立も楽だし、頑丈にできるのですね~!




組立途中。

DSC09252.jpg


一人でらくらくできます。


完成~!


DSC09254.jpg

我が家ではこのように縦向きで設置しますが、





DSC09255.jpg


こうして横にしても、なんだかよさげ。




こちらのシェルフに、引き出し4つのチェストを組み合わせて設置しました。



Afterはこちら。


DSC09390.jpg



カウンターの下にきれいに収まりました。

上半分にチェストを組み入れて書類の整理に使用し、

下半分は本やカタログなどを入れました。


吸引機はここには置けなくなったので、別の場所へ移動。

ファイルボックスに入っていた書類は

夫のものだったので整理してもらい、ほとんど捨てました。




DSC09387.jpg


カウンターとシェルフの奥行がほとんど同じなので、

面が揃って気持ち良いです。


引き出しの割り当て方法は、とりあえず「人別」にしていて、

上から

①未分類
②夫用
③私用
④息子・娘(保育園)用

という感じで今は入れています。


あくまでここは短期保存or処理待ち書類のための場所で、

長期保存する書類は納戸内にある書類置き場へ

移動させるというのがルールです。


しばらく運用してみて、また必要に応じてルールは

変えていこうと思っています。


これまで、夫がテーブルの上に放置する

郵便物やカタログなどの紙類がプチストレスの種でした。

これからは、目につくや否や夫の引き出し(②)に

突っ込めばいいので、気分的にスッキリです!




無印週間に買ったのでお得だったし、

カウンター下にピッタリおさまって、なかなか満足度の高いお買物でした♪

とてもシンプルな棚なので、汎用性もあるし組立ても楽だし、

なかなかおすすめです!




にほんブログ村 トラコミュ 無印良品 オススメのモノ~ ♪♪へ
無印良品 オススメのモノ~ ♪♪






応援クリックが更新の励みになっています

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^
関連記事
2015-04-02 : ダイニング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

korie

Author:korie
3LDKマンションに4人暮らし。”じぶんらしい暮らし”を求めて、インテリアや整理収納について試行錯誤する過程をのんびりつづっていきます。
インテリア好きの趣味が高じて、2013年度インテリアコーディネーター資格試験に合格しました。
*2014/8月 ハンドルネーム変更しました。(旧:オニグラっこ)
*Instagram始めました。ユーザーネームはkorieslifeです。お気軽にフォローして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。 ↓をクリックで応援よろしくお願いします。

カウンター

過去記事

etc.

検索フォーム

わたしのお気に入り

























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ利用上のお願い

本ブログで掲載する内容についてはできるだけ正確な情報となるように努力をしておりますが、情報の正確性について保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。