ファブリックをまるく飾る方法

こんにちは!




前回記事でご紹介したまるい形のデコレーション。

  ⇒ダイニングの壁にファブリックをまあるく飾る


作り方をご紹介したいと思います。





用意するのはお好きなお好きなファブリックとこれ。


DSC03759.jpg


そうです、刺繍枠です。


今回は直径24cm×1個、18cm×2個、12cm×1個の4つで作りました。

ほんとはもう少し欲しかったのですが、
初めての試みでうまくいくかわからないし・・・というわけで
とりあえず4つにしました。


ファブリックは楽天の買いまわりで買っていたハーフカット。









まずは配置決め。

ファブリックの上に刺繍枠を配置してバランスを見ます。

DSC03765.jpg


なかなかピンとくる配置がなく、難しかったです
最終的にはこんな感じで落ち着きました。
バランス悪かったかしら・・





配置が決まったら、


DSC03770.jpg


生地を刺繍枠にはさみこんでネジを締め、
枠の周りにはみ出た分をざくざくとハサミで切ります。


DSC03773.jpg


余った分は再度ハサミで切り落とします。



最初、余った部分に糸を通してぎゅっとひっぱって始末しようとしたのですが、
針に糸を通すのが面倒だし(←不器用)、壁に掛けたときにボコッとなるので
切り落とすほうが簡単・キレイでいいや~ということになりました。



これを4つ作りまして、
あとは壁に何かひっかかるもの(今回は粘着式フックを使用)をつけて
掛ければ完了!



DSC03776.jpg



桧でできた刺繍枠なので、ナチュラルな感じにできたと思います♪



とっても簡単なので、柄に飽きたらファブリックを交換しようかな。

ただ、一度枠から外してしまうと、それを再度枠におさめるのは難しいかも・・
枠ギリギリのところで生地を切ってしまっているので。


用途のないお気に入りのファブリックのはぎれを
こうして枠に入れて飾ったりしたらいいかも



ファブリック活用案いろいろ・・
にほんブログ村 トラコミュ 北欧ファブリックへ
北欧ファブリック





参考にしていただけたらうれしいです





更新クリックが励みになっています
いつもありがとうございます^^

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。もしよろしければ押していただけると大変嬉しいです(*^^*) by オニグラっこ
関連記事
2013-04-23 : ファブリックパネル : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
初めまして。
丸いファブリック飾りも良いですね!!
とっても可愛いです♡
早速明日、作ろうと思います♪
2013-04-23 20:43 : (・∀・) URL : 編集
>(・∀・) さん
はじめまして!コメントありがとうございます。

さっそく作っていただけるなんて、なんだか嬉しいです。
できあがったらぜひブログにアップしてくださいね☆

(・∀・) さんのブログも拝見しました。
かわいらしい雑貨をたくさん持っていらして羨ましい~!!
やさしい雰囲気のお部屋がとっても素敵ですね。

よろしければまた遊びにきてください♪
2013-04-24 05:04 : オニグラっこ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

korie

Author:korie
3LDKマンションに4人暮らし。”じぶんらしい暮らし”を求めて、インテリアや整理収納について試行錯誤する過程をのんびりつづっていきます。
インテリア好きの趣味が高じて、2013年度インテリアコーディネーター資格試験に合格しました。
*2014/8月 ハンドルネーム変更しました。(旧:オニグラっこ)
*Instagram始めました。ユーザーネームはkorieslifeです。お気軽にフォローして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。 ↓をクリックで応援よろしくお願いします。

カウンター

過去記事

etc.

検索フォーム

わたしのお気に入り

























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ利用上のお願い

本ブログで掲載する内容についてはできるだけ正確な情報となるように努力をしておりますが、情報の正確性について保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。