久しぶりにリビングを撮ってみた

またまた久しぶりの更新となってしまいました。

夏休みもバタバタで終わり、9月ももう終盤です。

早いなぁ~


最近、特に娘の散らかしっぷりがすごく、

家の中は常にカオス!


なのですが、久しぶりに一人で家に居て

片付けられる機会があったので写真を撮りました。






完全に、夏仕様です。

秋となった今でも、こんな感じです。

秋冬らしさは、どこにもなし。扇風機だって出しっぱなし。

さすがに今月中には片付けなければ。




ちなみに、画面奥に見えているのが、

息子の学校関連のグッズを置くところです。

黄色いカバーのランドセルが目立ってますね^^;



DSC06125.jpg


IKEAの棚に、教科書やら何やらの学校グッズを入れています。




このIKEAの棚、まだ実用品を入れていないときは

こんなイメージでしたが、

カラフルな子供用品を入れたら、

だいぶ雰囲気変わっちゃったなぁ。




DSC04584.jpg



当初は↑の写真のとおり、

下の段にランドセルを入れようと思っていましたが、

息子がなかなかそこに入れてくれないので、

ランドセルは隣の台に置いています。

代わりに、下の段にはLaQを入れました。



DSC06126.jpg

写真を撮っていて気付いたのですが、

なぜか卵の賞味期限のシールがここに・・・。



どうやら、息子が卵かけご飯を食べた時に、

シールをここに貼っているようです。


昨日も、「卵かけごはんを食べた証だぜ」的な感じで

はりきって貼っていました。


小1男子、謎です!






にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^

2017-09-23 : リビング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

やっと完成したKALLAXをリビングに

脚をつけたKALLAXに、インサートと取っ手を付けました。


KALLAXの付属の取っ手はあまり好みじゃなかったので、

こちらの取っ手をIKEAで買っておきました。







インサートは、扉タイプ×2、引き出しタイプ×2を購入。

   



取っ手は、合計で6つ(3セット)となるのですが、

なぜか間違えて4セット買ってきてました・・・。



インサートと取っ手をつけて、ようやく完成です!




DSC04584.jpg



Pinterestで見たアレンジを参考に、

インサートは内側に寄せてみました。

既製品のキャビネットっぽくなるかな~と。



DSC04600.jpg



ランドセルは下の段(扉なし)の部分に入れようと思っています。

脚をつけたことで、下の段も使いやすくなっているように思います。



DSC04588.jpg

(随分前に撮ったので、まだ扇風機が)

KALLAXの奥行は39cm。

色が白いからか、さほど圧迫感もなく、リビングに収まってくれました。



DSC04592_20161029054755bea.jpg



基本的に、木製の家具が好きなので

ハイグロスの真っ白い家具はどうかなぁと心配でしたが、

むしろ、リビング周辺を一段明るくしてくれたように思います。

自分的には、大成功!

いろいろ考えた甲斐がありました。






+ + + + +



久しぶりに、コラムLatteにコラムを掲載いただきました。


北欧ファブリック雑貨「キッチンタオル」活用術♪
生地が可愛いからインテリアやキッチンアイテム、小物隠しにも♡

https://latte.la/column/81486188


過去ブログのまとめのような感じですが、

何かの参考になれば幸いです。



にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ


2016-10-29 : リビング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

IKEAのKALLAXに脚をつける 続き

すぐ続きを書くつもりが、1か月経ってしまいました。

この1か月は、ぎっくり腰になったり、

勤務時間を1時間延ばしただけで毎日ヘトヘトになったり、

風邪をひいたり・・・と、

体の老いを感じる1か月でした。


その間、グランピングへ行ったり、子供たちの運動会があったりと

楽しいこともありましたが、体力が足りない感が否めません笑

体を鍛えないといかんなぁ。




さて、前回の話の続きです。


KALLAXに、ソファ脚をつけたところまで一気にいきます。

ちなみに、インサートをつけてからだと、

ひっくり返すのが重たそうだったので

インサートをつける前に作業しました。



まずは、脚をつける位置の確認をするため

5つの脚を置いてみました。


DSC04539.jpg



そして、IKEAで買った穴あけプレートで、穴の位置に印づけ。





定規がいらないので、便利ですね~これ!

※写真では上から2列目のところに印をつけていますが、

 実際にはもう1列下(3列目)に穴を開けました。

底面の真ん中にはプレートが届かないので、

そこだけは定規を使って印をつけました。








印の位置に、電動ドリルで穴を開けていきます。


電動ドリルの扱いに慣れていないわたし。

事前に端材で穴あけ練習をした上で、

ドキドキしながらKALLAXにドリルを入れていくと・・・・


「ズボ!」


という衝撃とともに、ドリルが一気に中に入り、

慌ててスイッチOFF




ドリルを抜くと、


DSC04541.jpg


なんか、思ってたんと違う。 (デザイン「あ」的な。)


中が空洞だったのです。


やばい、これだと鬼目ナットが効かないのでは???と不安になりつつも、




DSC04542.jpg



とりあえず、ねじこんでみた。


で、


DSC04540.jpg


なんとかなりました。たぶん。


無事に、ネジ穴の完成です!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼目ナット Eタイプ M8×20mm ねじ込みタイプ
価格:35円(税込、送料別) (2016/10/16時点)




便利!



他の隅にも同様にネジ穴を作っていき、

最後に真ん中にも1つ穴を開けました。



いきなりズボっといくのにも大分慣れたので、

慎重に慎重にドリルを入れていきます。



・・・が、一向に「ズボッ」とならない。



結局、



DSC04543.jpg


ここだけは、ちゃんと木材が詰まっていました。

KALLAXの底板はそういう構造なのですね。


ここにも鬼目ナットを入れて、ネジ穴が完成。



あとは、ソファ脚をねじ込むだけ。


DSC04544.jpg


無事に脚の取り付けが完了しました!



うまくできるか心配でしたが、

思ったとおりに仕上がってよかったです。




次回、インサートと取っ手をつけた

最終完成図をアップします。




にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ
2016-10-16 : リビング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

IKEAのKALLAXに脚をつける

ランドセル置き場用にとリビングに追加した、

IKEAのKALLAXという棚。


そのままでももちろんシンプルでいいのですが、

以前、pinterestで見た素敵なアレンジをまねして

脚をつけることにしました。



海外サイトではお洒落な脚がたくさん売られています。

中でも、Pretty Pegsというサイトでは

カラフルでとってもかわいい脚がたくさん売られていて、

思わず買いそうになりました。

が、海外サイトで買い物をする勇気がなく、断念。値段も高いし。




国内ではあまり可愛い脚がみつけられなかったのですが、

ソファ用の脚で、よさげなものを発見。







理想的には、もうちょっと細い脚がよかったのですが

許容範囲かなと。



KALLAXの底板のたわみ防止のため、

こちらの脚を5本購入しました。





で、問題は取り付け方です。


通常、家具用の脚には取り付け板がついていて、

そこにネジを打ち込んで固定します。



例えばこんなやつ。




しかし、今回私が買ったのはソファの脚。

既にネジがついてるものです。


これを平らな板に取り付けるにはどうすればいいのか??

前述した海外サイトPretty Pegsでは、

専用の取り付けプレートが売っているのですが

日本ではそんな素敵なものは見つけられず。


いろいろネットで調べているうちに、こちらの金具に行きつきました。






「鬼目ナット Eタイプ」という金具です。


近所のホームセンターでは見つけられず、

楽天で購入しました。




メール便対応が嬉しい♪



こちらは木材にネジ穴を作ってくれる、素晴らしい金具です。

まさにこんなやつを探してたよ!!!




というわけで、さっそく穴を開けて取り付けることにしました。




次回へつづきます。


にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ

2016-09-15 : リビング : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

IKEAのKALLAXをリビングに

既にInstagramでは完成図をアップしていますが、

LD模様替え計画に従い

リビングに棚を追加しました。





割高ですが、楽天でも買えますね。



KALLAXという人気シリーズの2×4マスのタイプ。

色はハイグロスホワイトです。


奥行がランドセルを入れるのにピッタリそうだったので、

これにしました。 








いざ、組み立て!






板と板の接合は、ほとんどがこのようなダボ?杭?みたいなもので行います。

手の力ではうまく穴に入らなくて、金づちで軽く叩いて入れました。



DSC04374.jpg


組立途中。


表面には傷つき防止?のフィルムが貼ってありました。



不器用かつ非力なため、重力の力を借りて板を押し込むために

毎回、棚の向きを変えていたのですが、

組み立てるにつれてどんどん重たくなり・・・

作業自体は簡単ながらも、30分くらい(いや、もっとかな?)かかった気がします。





完成~

DSC04379.jpg




したのですが、ここで一つ、間違いに気づきました。

側板(長い2枚の板)には、壁固定用の穴が開いているので、

本来は穴を壁側に揃える必要があるのですが、

穴がそれぞれ別側にきてしまっていました。


これまで、IKEAの家具を夫が組み立てたときに失敗すると、

ちゃんと説明書を見ないからだよとバカにしていたのですが、

自分もバカでした





ですが、今回はこうして横に倒した形で使うので

壁固定は不要かなということで、

いいことにしました。 ←雑!




DSC04380.jpg


ひとまずランドセルを入れてみた図。

学校のロッカーみたいで、まさにランドセル置き場!

横から見ると、ベルトが若干はみ出ていないこともないのですが、

まぁ、許容範囲でしょう!







このままでも十分にサイドボードとして使えそうですが、

中身を隠したかったので、その後、インサートと脚を取り付けました。



それについては、また次回!





にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  上のアイコンをクリックいただけると、当ブログにポイントが入りランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^
2016-09-04 : リビング : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

korie

Author:korie
3LDKマンションに4人暮らし。”じぶんらしい暮らし”を求めて、インテリアや整理収納について試行錯誤する過程をのんびりつづっていきます。
インテリア好きの趣味が高じて、2013年度インテリアコーディネーター資格試験に合格しました。
*2014/8月 ハンドルネーム変更しました。(旧:オニグラっこ)
*Instagram始めました。ユーザーネームはkorieslifeです。お気軽にフォローして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。 ↓をクリックで応援よろしくお願いします。

カウンター

過去記事

etc.

検索フォーム

わたしのお気に入り

























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ利用上のお願い

本ブログで掲載する内容についてはできるだけ正確な情報となるように努力をしておりますが、情報の正確性について保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。