スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(4)-

今日は2次試験本番の体験談です。


これまでの流れはこちらです↓

 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -1次試験編-  
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(1)-
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(2)-
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(3)-



●2次試験本番

さぁ、いよいよ本番です・・!

本番に臨むにあたり、だいたいの時間配分と解く順序は決めてありました。

まずは論文を短時間で先にやりきり、製図に全力を注ぐ!
という作戦だったのですが、開始早々、さっそく論文でつまづきました。

質問文がこれまで解いたものとちょっと毛色が違う?と感じ、
キーワードが全然出てこなかったのです。

えっ・・どういう意味なのこれ?と問題文を何度も何度も読んでみるものの、
どのような解答を期待されているのかがわからない! 
(たぶん、問題に深い意味はなく、素直に答えればよかったんだと
後で模範解答を見て思いましたが。)

でも、いやいやこんなところで時間をロスしている場合じゃないんだから、と
書き始めるも、やっぱり考えがまとまっていないので文章が迷走してしまう

消しゴムで消しては書いてを繰り返し、
解答用紙がどんどん汚れていき・・・ヒー
(これは減点対象としてテキストとかに書いてある事項。)

完全にパニック状態でした。
たぶん、このときものすごい鬼気迫る顔してたと思う。

結局、自分でも失笑してしまうくらいの意味不明な解答で
なんとか欄を埋めました。

そして・・・もう論文のことは振り返らずに、残りの時間は
プレゼンテーションに集中することにしました。


しかーし!製図でも再びパニックに。

問題自体はそんなに特殊な内容ではなく、
リビング・ダイニング・和室・バルコニーのコーディネートでした。

いつものとおり下書き用紙の上で
家具配置をあれこれ検討していたのですが、
どうやってもリビング側に所定の人数分のソファ&チェアが入らない~?のです

ダイニング側の家具を最低限の大きさにしたりしても、
やっぱりリビングが狭い。
というか、なんだか妙に細長いスペースになってしまって
TVボードをどこに置けばいいのよ?状態に。

(このあたり、問題の内容を知っている人にしか伝わらないですよね・・スミマセン)

試験後、模範解答を見たらどうやらダイニングとリビングの間に置く
造作家具(飾り棚とデスクがくっついたものを自分で考えろという指示だった)の
奥行きが大きすぎたということに気づいたのですが、
試験本番では造作家具は「これ以上奥行きは減らせない」と
思いこんでいて、そこには目がいかなかったのです。

四苦八苦しながら、なんとか指定された家具を置ける配置を見つけ出し、
解答用紙への記入にとりかかりました。

照明や内装の材質など、書き込む内容が多めだったので、
とにかくスピード重視で取り組みました。

私、普段から手汗がすごいのですが、
緊張しているとさらにすごくなるので、
手汗と鉛筆の粉で解答用紙の空白が真っ黒に汚れてしまい、キャー
(これも減点対象という説あり)

でもとにかく、最後まで時間内に完成させるんだー!
という思いで、なんとか全ての欄を埋めることができました。

試験終了後、いろいろと書き込み忘れたことに気づいて
となりましたが、
過去問題では最後まで埋められたことがほとんどなかった私だったので、
本番でなんとか(漏れがありつつも)解答を完成できたのは
ちょっとした達成感

ちなみに書き忘れたものは、
造作家具のガラス戸の開閉記号(立面図)、
和室の座布団(平面図)など。

おそらく、忘れているものは他にもたくさんあると思いますし、
家具配置も、後で模範解答と照らし合わせてみたらかなり違っていました。

でも、結果は「合格」でしたので、おそらくこの試験で重要なのは、
時間内にひとおおり解答を完成させることなのだなと思いました。



最後に、当日の私のパニックっぷりがうかがえる
超絶に雑な下書き図面をお見せします・・・。

画像クリックで拡大します。

EPSON001.jpg      
EPSON002.jpg

き、きたない・・・
そして、センスのない配置

でもいいの、試験ではセンスのある配置は求められていないらしいから。
こんなんでも、合格です^^



なお、清書しながら変えた部分も多いので、
実際の解答はこれと全く同じではないです。


+ + +

以上、2013年度インテリアコーディネーター試験の振り返りでした。


すっかり忘れていましたが、

試験直前に切羽詰った私を見かねた夫が
図書館で勉強しておいで、と言ってくれて
平日、会社の帰りに図書館で自習したこともありました。

夫がいない休みの日に、勉強している間
息子と遊んでてくれた実家の父母。

たまーに電話がきて、勉強の進捗やアドバイスをくれた
通信講座の人。
(予備校で言うところのチューター的な人なのかな?)

そして、ブログを通じて応援してくださった皆様。

いろんな人に支えられて合格できたということに
感謝しなくてはいけませんね。

本当にありがとうございました

頑張って取った資格なのだから、
将来的にはもっと活かしていきたいなーと思っています。


長々と、失礼しました。

以上、オニグラっこでした

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ
スポンサーサイト
2014-05-28 : インテリアコーディネーター資格 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(3)-

「インテリアコーディネーター資格取得までの道」の続きです。

ここまでの記事:
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -1次試験編-  
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(1)-
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(2)-



●2次試験 実践練習


・模試の受験:

2次試験の模擬試験を自宅で受験しました。

全く制限時間内に終わらず、めちゃくちゃでした・・・

やる前からわかっていたけど・・・やっぱりショックでした。
まだまだスピードが足りないなと痛感。

赤ペンで指摘されたところを試験本番では絶対にミスしないようにしよう、
と決めました。

また、模試で特にうまく描けなかった造作家具の展開図を
よく練習しておくようにしました。


・講習参加:

通信講座の会社が主催する一日完結型の直前講習にも参加しました。

講習用に用意された模擬問題を解くのですが、
いきなりただ解いてみるのではなく、まずは解答にあたってのポイントや
時間配分、下書きのコツなどの説明があります。

この講座では、論文作成や製図のテクニックだけでなく、
試験を受けるにあたっての「心構え」を教えてもらえたのが
私にとっては大きかったです。

何が何でも今年合格するという思い、
時間配分は絶対に守る
(うーん、配置がイマイチだわ~なんて悩んで下書きに時間を費やすと、
時間内に解答を完成できず合格が遠のく。
事前に決めておいた下書きの時間を過ぎたら、
方針が定まっていなくても清書を始めること)、など。

実際に、これを試験本番で守れたから
合格できたような気がしています。

また、講習で気づいたのは、下書き(家具の配置などを清書する前に
下書き用紙に描いてみる作業。エスキースとも言う)がとても重要だということ。

下書きがうまくいくかどうかで、その後の作業効率が
大きく変わってくるのです。
って、もっと早く気づけよ・・・

それまで、製図の練習としては
過去問1回分を1時間以上かけて通しでやってみたりしていたのですが、
それだと時間ばかりかかって非効率でした。

既に試験直前でしたが、それから試験までの期間は、
「下書きのみ」の練習をなるべく多くやるようにしました。

しかし、何度やっても家具の配置が模範解答と違っていることが多く、ガーン
本番まで結局自信が持てないままでした・・・


+ + + 


もう完全なる自己満足で受験勉強について書き続けていますが、
次回、2次試験本番のことを書いたらようやく終了かな??

早く他の話を書きたいところですが、
これを終わらせないと次に行けない、なんかそんな心境で
半分、意地で書いてます・・・ 何の意地なの

おつきあい下さいまして、本当にありがとうございますm(_ _)m




以上、オニグラっこでした

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ
2014-05-25 : インテリアコーディネーター資格 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(2)-

まだまだ続く、インテリアコーディネーター資格取得までの道・・。
今日は2次試験の論文対策についてです。

ここまでの記事:
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -1次試験編- 
 ・インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(1)-



●勉強方法(論文)

製図の練習と並行して論文対策もしました。

まずは、通信講座のテキストとして含まれていた「一番わかりやすい合格論文入門」
というテキストで、細かいルール(やってはいけないこととか心構えとか)を
学びました。

最新版はこれかな?
【訂正】使用したのはこれの第10版でした。楽天では売られていないみたい。




論文と言っても原稿用紙何枚も書くわけではなく、
数百字程度の小論文です。

製図と比べると、まだなんとかなるかなぁ?という感触でしたが、
重要なのは論文にかける時間。

二次試験はプレゼンテーションと論文の問題が同時に渡されるので
(内容に関連性のある“融合問題”のケースもあります)、
時間配分は自分で決めることになります。

試験時間は全部で180分。

手間がかかる製図にめいっぱい時間を使うために、
論文を書く時間は最低限に抑える必要があります。

そのため、論文の練習では必ず時間を計って
時間を意識して書くようにしました。

問題を解くときは、いきなり論文を書き始めるのではなく、
関連するキーワードをなるべく多く下書き用紙にメモします。

そしてキーワードの中から論旨に沿うものを選んで
文章に組み立てます。

1次試験で得た知識を使って解くことになるのですが、
大切なのは「インテリアコーディネーターの立場で解答する」ことです。

私なんかは実際にはただのど素人ですが、
そんなことは気にせず、インテリアコーディネーターになりきって
解答する練習をしました。


+ + +



書き始めたら、意外と書きたいことが出てきてしまって
長々とすみません

次回は、実践練習(模試、直前講習)について書きたいと思います。
まだ続くのかー


以上、オニグラっこでした

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ
2014-05-24 : インテリアコーディネーター資格 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

インテリアコーディネーター資格取得までの道 -2次試験編(1)-

さて、前回からの続きです。

 前回記事はこちらです ⇒インテリアコーディネーター資格取得までの道 -1次試験編-

2次試験の勉強方法について記録していきます。

1次試験と比べると、勉強した期間は短かったのですが、
製図が全くの初めてであり、実務経験のない私にとっては
2次試験のほうがはるかに大変でした。

ちょっと長くなるので何回かに分けてアップしていきます。
興味のない方には、すみません・・・

■□■2次試験対策■□■

●使用したテキスト・文献
・通信講座のワークブック、提出課題
・「はじめてのインテリア製図」
・「一番わかりやすい合格論文入門」
・「インテリアコーディネーター2次試験の完全対策」
・「インテリアコーディネーター2次試験過去問題徹底研究2013」
・「インテリアコーディネーター2次試験 予想問題徹底研究2013」

●使用した道具類
・製図セット(通信講座で購入)
・製図練習帳

道具たち~

DSC06645.jpg



通信講座でセット販売されていた製図道具を買ったのですが、
問題を解くうちに、セットに入っていた三角定規はグリッドがついていないので
使いにくいと感じ、結局、グリッドつきの三角定規を新たに購入しました。



また、色鉛筆のセットの中に薄い黄緑が含まれておらず、
畳の色を塗るときに困ったので、畳っぽい色の鉛筆を文具店で購入し、
1本さしかえました。(12本までしか試験会場に持ち込めないため)

●勉強方法(プレゼンテーション)

インテリアコーディネーターの2次試験は「論文」と「プレゼンテーション(=製図)」から
構成されています。

まずは「プレゼンテーション」の勉強方法からご紹介します。


過去問を見てガーン・・・

1次試験までの期間ははほとんど1次の勉強ばかりに集中していたものの、
1次試験後~2次試験までの期間が短いということも知っていたので、
少しだけ製図の基礎をなめておこうと、
「はじめてのインテリア製図」に従って、線の引き方の練習から始めました。

最初は肩に力が入っていたのか、一枚図面を書くだけで
ものすごい肩が痛くなりました。
そして恐ろしく時間がかかっていました。

1次試験が終わり、いざ2次の準備を始めようかということで
2次試験の過去問を見ると、複数の部屋にたくさんのものを
描き込む必要があることがわかりました。

家具と家具のサイズのみならず、カーテンなどのウインドウトリートメント、
観葉植物、照明、床の質感、内装素材などなど細やかに・・。
※試験問題によって、記入不要とされるものもあります。


その頃の私は、ソファとTVボードしか置いていない
真四角の超シンプルな部屋を一つ書くのにも、ものすごーく時間がかかっていましたので、
この調子じゃ絶対に合格できない・・・!と焦りました。

(今思えば、これでスイッチが入って必須に勉強したとも思えるので
ガーンとショックを受けたのはよかったのかも。)


とにかく描いて描いてかきまくるしかないっ!

そこからはもう、ひたすら描いて描いて描きまくるしかないと決め、
毎日製図の練習をしました。

とにかく一枚でも多く製図することが合格につながる、と信じて
空き時間を利用して手帳にインテリアエレメントのスケッチをしたり、
早朝にまとまった時間を作って、過去問題に取り組みました。


だいたい描けるようになったら、添削を受ける

ある程度製図のスピードがついてきたら、通信講座の課題に取り組みました。

早く出さないと試験までに採点結果が戻ってこない・・という事態になりそうだったので、
あせって取り組みました。

添削結果を見て、自分では気づいていなかったミスに気づくことができたのは
とてもよかったです。
指摘内容で多かったのが、「美しくないです」というコメント・・・ガーン

たしかに、イラストみたいな感覚でフリーハンドで部屋名(LとかDとか)を
囲ったりしていたので、美しくなかったです・・。
でも自分ひとりでやっていたら気づくことができなかったと思うので、
添削を受けるのはとても大事だと思いました。



次回は「論文」の勉強方法についてです。



以上、オニグラっこでした

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ
2014-05-23 : インテリアコーディネーター資格 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

インテリアコーディネーター資格取得までの道 -1次試験編-

さて唐突ですが。

こちらでご報告したとおり、奇跡的に取得したインテリアコーディネーターの資格について。

自分なりに試行錯誤をしながら、受験に向けて勉強をしたときのことを
書き留めておきたいと思います。

完全に自己満足の記録記事となりますが、
もし興味がある方がいたら、読んでみてください。


↓は勉強や受験で使用したテキスト、道具類です。

DSC06283.jpg

道具はとっておくとして、テキスト、問題集をどうしようか悩み中・・・。
とっておいてももう一度解くことはないだろうけどなんだか捨てにくい。

+ + +


■□■1次試験対策■□■

●使用したテキスト・文献

・通信講座の教材一式
・過去問題徹底研究2013
・予想問題徹底研究2013

2014年版だとこれですね。


●勉強方法

「まずはテキストの読み込みから」

まずは通信講座のテキストを読みながら、ノートに重要単語をまとめる作業をしました。

初めて知る単語ばかりだったので、頭に入れるために
一度は自分の手で単語を書いておいたほうがいいかな~ということで、
ひたすらノートに写し書きしていました。

数章ごとに添削課題が設定されていたので、
確認テストとして解いて提出し、おぼえていなかったところは復習しておきました。


「必殺チェックペンで暗記!」

ひととおりそれが終わると、学生時代以来に購入したチェックペンで
テキストの重要単語の暗記、暗記、暗記・・。

懐かしのチェックペン。

白いペンって、ほとんど使わないまま枯れて行く運命・・・

通勤中に電車の中で必死に暗記。
開始10分くらいでテキストを膝の上に開いたまま眠っていることも多々ありました・・・

「過去問、予想問題で知識の定着」

並行して、過去問題集と予想問題集にとりかかりました。
丸暗記では解けない問題や、テキストに載っていない用語もあったので、
最初は思うように解けず焦りましたが、類似の問題を解いていくうちに
少しずつ頭に入っていきました。

過去問題集と予想問題集に載っている問題は全てやりきり、
間違えた部分はチェックをつけておいて二回解くようにしました。


「模試で実力チェック」

実力がどの程度ついたか不明だったので、模試を受験しました。

結果はとても良かったので、今思えば、判定が出たとき(1次試験の1,2週前だったかな?)に
すぐに2次試験の勉強にスイッチしたほうがよかったのですが、

とにかく1次に受からなければ始まらない・・と思ったので、
1次試験まではほとんど1次の勉強ばかりやっていました。

●1次試験本番

試験会場は学習院大学目白キャンパス。
最寄駅に着くと受験者と思われる方がぞろぞろぞろ・・。

私は理系女子(しかも女子が少ない分野専攻)で、
これまで女性が少数派という世界で生きてきたので、
女性の多さにビビリました。

ですが、1次試験はマークシート方式で時間制限がさほど厳しくないこともあり、
比較的心に余裕をもって受験できました。

問題用紙に解答内容をメモしておき、後で自己採点したところ、
合格が見えたので一安心しました。


+ + + 



2次試験編に続きます・・・・




以上、オニグラっこでした

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

  にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  

★応援クリックについて★  どれか1つをクリックいただけると当ブログにポイントが入り、ランクが上がるチャンスにつながります。応援よろしくお願いします^^ by オニグラっこ
2014-05-16 : インテリアコーディネーター資格 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

korie

Author:korie
3LDKマンションに4人暮らし。”じぶんらしい暮らし”を求めて、インテリアや整理収納について試行錯誤する過程をのんびりつづっていきます。
インテリア好きの趣味が高じて、2013年度インテリアコーディネーター資格試験に合格しました。
*2014/8月 ハンドルネーム変更しました。(旧:オニグラっこ)
*Instagram始めました。ユーザーネームはkorieslifeです。お気軽にフォローして下さい。

ランキング

ランキングに参加しています。 ↓をクリックで応援よろしくお願いします。

カウンター

過去記事

etc.

検索フォーム

わたしのお気に入り

























メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ利用上のお願い

本ブログで掲載する内容についてはできるだけ正確な情報となるように努力をしておりますが、情報の正確性について保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。